医学的なこと

小さな赤ちゃん、子どもを亡くしたとき、多くの親御さんが、「なぜあの子は亡くなったのか?」「私があの時、○○しなければ・・・」「あの時、○○していれば・・・」と、我が子の死の原因が自分にあるのではないかと悩んだり、自分を強く責めたりします。

私たちの赤ちゃん、子どもに何が起きたのかを理解できないままに、我が子の死を受け止めることは難しいことです。小さな赤ちゃんを亡くした場合、原因が曖昧なままだと、「また同じことが起きるのではないか?」と次の妊娠への不安も高まります。

赤ちゃん、子どもの死因について疑問や不安がある時は、まずは担当医師に尋ねてみましょう。自分で話すのがつらい時は、メモにまとめて事前にスタッフに渡し、ご家族と一緒に話を聞く方法もあります。

死別直後には考える余裕がなく、しばらく時間が経ってから、あれこれ疑問や不安が湧いてくることもあると思います。

こちらのページでは、赤ちゃん・子どもの死に関する一般的な医学的知識・情報をまとめたいと思います。

*流産について

*死産について

*不育症について

「Fuiku- labo 」ウェブサイト

厚生労働省研究班がまとめたもので、一般向けにわかりやすく情報提供がされています。

反復・習慣流産(いわゆる「不育症」)の相談対応マニュアル

平成 23 年度厚生労働科学研究費補助金

「地域における周産期医療システムの充実と医療資源の適正配置に関する研究」より


�Ϋ_ F�Qu<� �3k�i��TK '�B�8�L)��?��lxx�/,:w�NȢ "��/���Y����϶�\�1x%���b�x�d��GČh�7b2��Tk5[�������G�����d�!g�����ҾH�W�H!e�R�:|���g���b����tM� ,�J1�co�Bz�8W� ۋa��$N_�5*�M�V�۫nC�\$��h��ũ�e��t9)s%�+�䱕E"��� �H���{�8�z�1n���aի�6q}���_F�?�E!P��� �K)�1�F��II^�Gm�Ӱ9��{co�H������E})�G��ۊR\�`�|�b�y0���n�Z��{���/�ǹF��� �O��Ï2\��`3���}����=Z�ꟈ��Z ��3?-l�8m�#K���B��t������ӡ�!�@��QR��OOo�ja��@|�aޥ`�{�0�MX�g�KNf}�6�l33�r]1�}�D����%�ڠ�����tsM���?�ʴY�ՙ2�mkt�!�=^�:�C�2'�� �v�^c? ��7�]b��&��l���@��i�)m{wZ���nd��.tJ��*d^�6��KE����h�pWx�8Q���c3�b�~��?"��-�7�$϶�� � :�rV��z�f �[娴B3��i :�]��7��ml�>��x�'�� '������������`��k�p@'��%_m��+�tڬ��M������'f?l�=V�jm�哂n��]^���`U_;���E��v޹� �"iax�@��=��y����B�Hm�i�˶t���G�&6/A*5;�Sm�rj�'�uP{��]�sH��a5����-r�o�OH�������=GN�G�N˻l���➂C LA�������`z�৻J+���V (͡V� #�%n�s0���������^����~���]^ͪ*[�-HF ˜�Rp��� &D�����pwթ���GAQ5F���=g�Gw.������K�S��4��@�ӕ?>?2�T�i-�bs&Pr��@%q��r� �X

www.jsog.or.jp

厚生労働省 全国の不育症相談窓口一覧

名古屋市立大学病院 不育症専門電話窓口「豆柴ダイヤル」

不育症そだってねっと

さっぽろ不育症・着床障害コンソーシアム

岡山県不妊専門相談センター 不妊・不育とこころの相談室

流死産を経験された不育症の方のための交流会も開催されています。

*13トリソミーについて

*18トリソミーについて

ホーム

18トリソミーの会による、「18トリソミーをはじめ重い病気の赤ちゃんとご両親のための、論文・書籍情報サイト」です。      今から10数年以上前に18トリソミーの娘を出産したとき、この病気の最新情報がなく、とても孤独感を感じました。しかし新生児医療が日々発展していく今日、医療現場においては重篤な疾患を持つ子どもへの治療へのスタンスも良い方向に変わってきました。「良い方向」というのは、疾患名によって治療方針を決めるのではなく、一人ひとりの子どもの状態に応じた治療が検討されるようになってきたということです。そして、私たち親の希望・意見も反映されるようになりました。  とはいえ、希少な疾患の医療情報等はまだまだ少なく、情報を得るためのアクセスもしにくい状況にあります。    そこで、当サイトでは、最新の医療、在宅支援、ご両親のメンタルケアに関する情報を集めました。  当サイトにご訪問いただいたみなさんのお役立てれば何よりです。情報は随時アップしていきます。また、情報提供も大歓迎です。    どうぞ、よろしくお願いいたします。        「18トリソミーの会」            平成24年3月6日     サイト管理人 18トリソミーの会代表 櫻井浩子  あなたもJimdoで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から

18trisomy.jimdo.com

*SIDS(乳幼児突然死症候群)について

*小児がんについて